葬儀のタイプは大体4種類のものにわけることができます。西宮で執り行われる葬儀もこの4種類のなかにひとつのことが多いです。

葬儀会社は全国の都道府県にありますが、西宮以外の地域でもこの4種類のものがよく選ばれます。西宮で選ばれることが多いのは、直葬、一日葬、家族葬、一般葬の4種類であり、ご遺族の意向によって選ばれています。

また、生前に故人がお葬式のタイプを希望している場合もあるので、葬儀会社と相談してあらかじめ決めているという場合もあります。

そのときは、故人の意向にそってお葬式を行うことになります。直葬は亡くなった場所からそのまま火葬場へご遺体を運んで火葬をしてしまいます。

後日改めてお通夜、お葬式を行うという場合はこのタイプを選択することがあります。一日葬は亡くなって翌日にお葬式をしてしまう、というわけではなく、お通夜をせずにお葬式のみを一日で行ってしまう、という意味です。

友引や仏滅などが理由でお葬式をできない場合などにも選択される場合もあるといいます。

家族葬は親族、家族、そしてごく一部の親しい人に参列してもらってゆっくりと故人をみおくることができるということで、最近選ばれることが多いタイプのものです。

一般葬とは違って身内だけで執り行うので遺族が忙しなく動く必要がなく、故人をゆっくりと思い出して思い出話などをする時間をとることができるのが選ばれる理由です。一般葬は参列したことがある人が一番多いタイプのお葬式です。西宮の葬儀業者を探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です